So-net無料ブログ作成
検索選択

エリート医師広瀬淳が腎不全患者から2500万円を詐欺!アンビリバボー

明日の夜に放送される
奇跡体験アンビリバボーについて
ここでは調べてみました。

エリート医師である
広瀬淳が腎不全患者から2500万円を
搾取したというこの事件は

今から30年も前のこと
だったようです。





<スポンサーリンク> 





エリート医師広瀬淳とは



広瀬淳は犯行当時は
まだ33歳というまだ若い年齢では
ありましたが

すでに家族4人を養っていたようです。
しかしながら

医師というものの
当時の月給ではなかなか
生活が大変だったようです。

また彼の妻は病気を患って
いたこともあり

副業としてアルバイトをしながら
生計を立てていたようです。


浜松医科大泌尿器科助手として
日々働いていた彼ですが

ある日研修医として遠州総合病院
派遣されることになるのですが

これが事の発端だったのです。


腎不全患者から



この遠州総合病院で
出会うこととなったのが

後にお亡くなりになった
中川正雄さん当時61歳でした。

中川さんは広瀬淳医師の患者
だったんですが
診察を続けている中で
二人は株などの投資の話で
意気投合してしまいました。


中川さんはかなり
株には詳しい方でしたので

生活に
苦しくまたお金の欲しい広瀬は
この中川さんから教えを乞うて
いましたが

その後お金欲しさに
この中川さんからお金を
騙し取るという計画を
企てることになってしまうのです。





<スポンサーリンク> 





2500万円を騙し取る



その計画とは
相手の弱みにつけこむという
卑劣なやり方だったのです。

腎不全という重い病気を
持つ中川正雄さんに移植
話を持ち掛けたのですから

相手がその気にならない
はずはありません 


そして腎提供者が
見返りにお礼としてお金を要求して
いるので振り込むようにと

2500万円のお金を
用意させたのです。


また当然ながら証拠隠滅
のために臭化パンクロニウムという
筋弛緩剤を手に入れ

腎移植手術前に
中川さんに投与し殺害
完全犯罪を目論んだのです。


臭化パンクロニウムとは



中川正雄さんは2500万円を
広瀬医師の言う通りに指定された
銀行口座に振り込みました。

そしていよいよ明日が
手術という前日に

自宅を訪れた
広瀬淳医師に臭化パンクロニウムを
投与されそのまま永眠することと
なってしまうのです。

この臭化パンクロニウムは主に
手術を行いやすくする麻酔薬
として使われていますが

アメリカでは死刑執行時に
使用する薬物とされています。


また他の国でも薬殺刑で
使われることが多い薬として
認識されているものなのです。


まとめ



今から30年も前の事件
ということで

当然私の記憶にもないこの事件。

その当時というと
オウム真理教絡みの
大きな事件がいくつもあり
そちらに注目していたから
かも知れません。


様々な凶悪な事件は
いつの時代になっても
終わることはありません。

そしていつその犠牲に
なるのかも分かりません ・・・


出会い
その人の人生を変える
とよく言われますが

今回の出会いでは
お互いが人生を不幸にしてしまう

最悪の結果に結びついて
しまう出会いになろうとは

思いもしなかったことでしょう。

※結末はアンビリバボーで




<スポンサーリンク> 






nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。