So-net無料ブログ作成
検索選択

田野岡大和くん市立函館病院での容態は?

北海道七飯町の林道で
父親からの躾の一貫として
置き去りにされていて

行方不明になっていた
田野岡大和くんが無事保護
されました。

行方不明になってから約1週間
彼は山の中でどのように過ごして
いたのでしょうか・・・

現在は市立函館病院に搬送され
容態を確認されているようです。

親子さんも今は
安堵されていることでしょうし

また仲の良いお友達も
喜んでいるのでは
ないでしょうか。





<スポンサーリンク> 





田野岡大和くん駒ケ岳演習場で発見



田野岡大和くんが見つかったのは
鹿部町になる陸上自衛隊の
駒ケ岳演習場内にある施設でした。

大和くんは
親から車を降ろされたあと
その現場から ひたすら山の中を
歩き約7キロもの道を
歩き続けたといいます。

何を目標に
何を考えながら
彼は歩いていたのでしょうか・・・

そのあたりの心情は
察することはできませんが

彼は運よくこの
陸上自衛隊の
駒ケ岳演習場の施設に
辿りついたのです。


しかもさきほどの
ニュースによると
居なくなったとされる28日
の夜にはここへ辿りついていた
といいます。

ということは
彼はここで6泊したという
計算になろうかと思います。


田野岡大和くん市立函館病院に搬送



食べ物はないが
飲み水はあったので
それで飢えをしのいでいたという

彼です。

また夜は極度の寒さのために
寝る時にはマット
はさまりながらその寒さから
身を守ったようです。

置き去りにされることも
偶発的に起きたことでしたが

この駒ケ岳演習場に
彼が辿りついたのは奇跡的
だと思います。

その奇跡によって
ひとつの尊い命が守られたのですが

やはり「神様」って本当に存在するので
しょうかね。そんな思いがしました・・・


このように発見されたとは言え
この1週間ほど何も食べていない

大和くんは発見直後
自衛隊員から渡された
おにぎりを「おいしそうに」
食べていたといいます。

またその後は
体調の具合を診てもらうため
ドクターヘリにて
市立函館病院に搬送されたようです。





<スポンサーリンク> 





田野岡大和くん容態



市立函館病院の医師によると
現在の大和君は軽い
脱水症状がみられるとのこと

また最近の
北海道の気象状況も
影響していたのか

体温がかなり低くなっている
ということで点滴を受けている
ようです。

また山の中を歩いて
きたため手足に擦り傷などが
見られるといいますが

健康には別状のない程度のようです。

1週間もの間
山の中をさ迷いつつも
このように軽い症状で済んだ
ことは奇跡といっても
いいでしょう。

また当然この大和くんにおいて
『生きるための知恵』
が働いたことも大きな原因
かなと思います。


まとめ



私が生まれながらにして
住んでいる今の土地
本当に山の中です。

子供のころは
よく山に登って遊んだことを
思い出します。

家の裏山に上り
そこから一直線に
山の斜面をすべりながら降りてくる
そんな遊びをしていました。

危険性もありますが
その反面スリルもあり

冒険をしている気分に
なれるので本当に楽しかった・・

しかし最近の
山の状況というと
昔とはかなり変わって
しまったと思います。

鹿や熊などが
出没することも多くみられ

遊びの場としての
存在は薄れているのかなと
思います。

登山や山菜採りもそうですが
かなり危険になってきている
と思います。


大和くんが無事だった
ことが本当に何よりでした。

またこの事件では
誰を責めることも
できないのではないかとも
思います。



関連記事はこちら

置き去り事件発見の謎は七飯町から始まった!





<スポンサーリンク> 







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。