So-net無料ブログ作成
検索選択

大口病院看護師女帝Xの存在が犯人の犯行動機なのか!?文春がその存在を明らかに!

事件が表沙汰になって
数週間が経ちましてが
未だに捜査は難航している
ようです。

横浜にある大口病院内で
起こった不可解な事件

警察はすでに
犯人を絞りこんではいると
思いますが 

現在立件するほどの証拠が
見つかっていないと思われます。

そんな中同病院では
女帝Xと言われる絶対的存在の
看護師がいるということが

週刊文春の取材で明らかに
なりました。




<スポンサーリンク> 







大口病院の看護師女帝X



大口病院の看護師女帝Xは
院長先生でも口出しできない
ほどの絶対的な力を持って
いると言われております。

どこの会社でも
そのような存在に似た方は
いるのではと思います。

またそのような存在は仕事が
出来る方もおられますが

必ずしもそうでない方でも
いると思います。

そういう方はどちらかと言うと
自分を誇示したがる傾向にある
のではないかと思います。

自尊心が強すぎると
言えばいいのでしょうか

プライドが強すぎると言えば
いいのでしょうか・・・

自分から見た自分の『今の価値』と
自分の『理想』のギャップが埋めら
れていない

そのギャップを埋めるために
女帝xは自分を誇示したがる
傾向にあるのではないでしょうか・・・





<スポンサーリンク> 







看護師女帝Xと周囲の看護師



そのように常に
自身のプライドを誇示する
看護師女帝Xですから

当然のことですが
仕事場の看護師さんらは
彼女に気を使うことになります。

女帝Xの機嫌を損ねないように
彼女の話などには気を遣って
いたといいます。

まあ大体にして
職場といいますと

そのようなことは
日常茶飯事でもありますが

それ自体が苦痛に感じて
しまうような事になりますと

職場の雰囲気も悪くなりますし
会社自体も悪い方向に向いて
しまうのではと思います。


看護師女帝Xと犯行は関係あるのか



まあこのように考えますと
女帝Xの存在はこの大口病院から
考えますと

マイナスの要素が多い
可能性が高いと思われます。

過去にはカルテが紛失した
事件が起こったらしいですが
その紛失したカルテが

看護師女帝Xの机の上に
あったという事も
判明しました。

そのように気に入らない
看護師に対してのパワハラも
あったというのが本当の
ところです。

でこのような看護師女帝Xの
パワハラに対しての反抗として

今回の事件が起きたのでは
ないかとも思われております。

ただこの女帝ⅹに対しての
うらみが犯行の理由だとして

何故入院患者の命を
狙う必要があるのか普通では
そこが説明できませんよね

本来なら女帝ⅹが標的と
されるところでしょう


まとめ



最近起きた相模原の施設
「やまゆり園」での事件では
その犯行理由の背景には

過酷な労働とバランスを欠く
賃金があったのかもしれない
とも言われております。

逮捕された植松容疑者は
犯行のの矛先を職員ではなく
患者に向けてしまったのです。

抵抗のできない患者さんに
自分のやり場のない気持ちを
ぶつけてしまったのです・・・

人間の心なんて
ほんとに弱いものなんですよね・・

その弱い心って
どこかにぶつけるとなると

もっと弱い所につけこんで
しまう事になるんです。

弱い物いじめの
根源的な考えかなと ・・・

弱いものを抑え込んでして
自分の心の中で自分の存在を
肯定して

一体何が変わると言うのですか 。





<スポンサーリンク> 







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。