So-net無料ブログ作成
検索選択

地下鉄七隈線 延伸工事が延期に!遅れは1年ほどになるのか?

本日早朝に福岡県博多駅前の
道路で起きた大規模な道路陥没事故により
現在博多周辺のライフラインの機能が
麻痺しております。

今回の陥没事故の原因は
その道路下に現在すすめられている
地下鉄七隈線 延伸工事が関係して
いたようです。




<スポンサーリンク> 








地下鉄七隈線 延伸工事区間は



この地下鉄七隈線 は福岡県の福岡
西区にある橋本駅から中央区の天神南
駅までの12キロを結ぶ地下鉄路線の
ことになりまして今から11年前の
2005年に開業しております。


kjhuy7.jpg
引用元 http://www.mapion.co.jp/station/


因みに駅数は16駅

西から順に

橋本駅
次郎丸駅
賀茂駅
野芥駅
梅林駅
福大前駅
七隈駅
金山駅
茶山駅
別府
六本松駅
桜坂駅
薬院大通駅
薬院駅
渡辺通
天神南駅

また画像を見ても分るように現在
この地下鉄七隈線はJR博多駅
とは繋がっておりません。

地下鉄七隈線の東側終点の天神南駅と
JR博多駅を結ぶ工事が今回問題
となった延伸工事区間になります。

もちろんこの延伸工事は当初からの予定
だったのではないでしょうか。

また2020年の開業を目指してこの
工事はすすめられていたようです。


延伸工事が延期



当然のことですが今回のこのような
大きな事故が起こりましたので
原因が特定できるまでは延伸工事の
再開は行われないと思います。

思い出す事今年の春、
神戸市は北区道場町の新名神高速道で
橋桁落下事故が起きました。

皆さんも記憶に新しいところです。

その後請負会社の三井住友建設と
横河ブリッジ建設は工事を一旦中止し
安全点検を確認したにも関わらず

その1か月後にまたもや
同様の事故を引き起こしております。


またそのためその時は工事再開まで
3か月半を様しています。また工事再開
までは3か月ほどでしたが

そのために予定していた開通が1年
先伸ばしになったと聞いております。

今回の事故では犠牲者の方が
おられなかったというものの
一歩間違えば大惨事となるところでした。

そのような事からもこの延伸工事
再開には慎重になってもらわなくては
ならないのです。





<スポンサーリンク> 







過去の陥没事故などまとめ



また今から2年前にも今回の
現場から300数メートル離れた
場所でも同様の陥没事故を起こしていた
との情報もあります。

今回の延伸工事には大手ゼネコン
大成建設を中心としたJVで行われて
いたといいますが

過去の事故にはかかわっていないと
のことです。

また私の住むローカルな地域でも
近年、大規模な自動車道の建設が
行われました。

そんな中沢山のトンネル工事が
行われてきまして

私も一業者として携わってきましたが
そのような陥没、崩落などの事故は
もちろんありませんでした。

そういうことから考えても
この博多などの繁華街の地下
また博多の地質や地下水の状況は
異色なものなのかも知れませんね。

最先端の技術を持ったとしても
突如現れるある意味自然の摂理には

かなわない部分も持ち合わせて
いるのではないでしょうか。





<スポンサーリンク> 








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。