So-net無料ブログ作成
検索選択

黒崎愛海さん犯人の国籍はチリ!過去に筑波大学に留学経験があった!

黒崎愛海さん行方不明事件において
その後、捜査の進展がありました。

犯人と思われていたその男は
実は南アメリカ大陸のチリに国籍を
持つ男で、過去に筑波大学に留学経験が
あったという事が分かりました。





<スポンサーリンク> 







犯人の国籍や年齢は



では現在国際指名手配中のこの
犯人について分かっていることを
まとめてみましょう。

1 国籍 チリ 
2 年齢 25歳 
3 筑波大学に留学経験がある。
4 スペイン語やフランス語日本語
  話せるくらい有能である。
5 黒崎さんとは筑波大学内の
  交流イベントで出会ったとみられる。
6 黒崎さんとは元恋人仲だった。




チリ国籍のこの男が筑波大学に
留学していた事がわかった事により

黒崎愛海さんとの接点が
はっきりとしてきました。

フランス警察の当局も
この男が間違いなくこの行方不明に
関わっている事を確信できたのでは
ないでしょうか。

そしてこの犯人と思われる男ですが
現在の情報では日本に留学中に
黒崎愛海さんとお付き合いされていた
と思われております。

10月に日本からチリサンティアゴの大学に
戻ってきたこの男は、当時その大学の
ある教授に

彼女とは『終わったこと』を話して
いたようなのです。

そのような状況の中で
この12月に彼女に会うために
わざわざフランスまで行った

その目的やまた経緯とはいかなるもの
だったのでしょう ・・・


筑波大学の海外からの留学生



日本において全国的に取り組みが
されている「留学生30万人計画」

文部科学省が推進するこの
国際化拠点整備事業の拠点校の
ひとつが筑波大学になります。


1973年の開校から
海外との交流を活発にすることを
目的に留学生を積極的に受け入れて
こられました。

そして2009年5月時点での調べでは
1522人もの留学生がおり

全体の生徒数のおおよそ
4分の1が留学生が占めていると
言われております。


また国内においても外国旅行客が
年々増え続けておりまして

今後もこのグローバル化は
まだまだ進んでいくと思われます。





<スポンサーリンク> 









まとめ




そのように海外との交流が
盛んになる事により

いいこともあれば悪いことも
当然さけては通れないところ
様々な問題も起こってくるのです。

しかし10年前と比べますと
来日外国人犯罪の検挙状況などは
改善されてきてはいるようです。

平成17年や18年くらいが
最も悪かったのですが

そのころと比べますと
刑法犯検挙件数ならびに特別法犯検挙件数
総検挙人員などの3項目において
減少しているといいます。



  来日外国人犯罪の検挙状況 比較
 
 平成18年 総検挙件数 40128件

 平成26年は 15215件に減少

  内訳

 ① 平成18年 刑法犯検挙件数 27453件

    平成26年は 9664件に減少

 ② 平成18年 特別法犯検挙件数 12675件

    平成26年は 5551件に減少






<スポンサーリンク> 








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。